<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

BRAND 技術情報 株主・投資家情報 サステナビリティ 会社情報 採用情報 お取引先様 --> English 道路の中はどうなっているのかな? 01 舗装(ほそう)とは? 丈夫(じょうぶ)な道路をつくるために道路の表面は、アスファルト、コンクリート、石などいろいろな材料で固められています。この固められた部分を「舗装」といいます。舗装は車が走る道や私たちが歩く道だけでなく、公園や競技場(きょうぎじょう)などいろいろな場所で見ることができます。 公園 橋 スポーツ施設 道路 トンネル 空港 歩道 舗装をするとどんな良いことがあるのでしょう。舗装をすると雨や雪などの天気に左右されず、快適(かいてき)で安全に歩くことができます。では、いつも歩いている道路の中はどうなっているのでしょうか。 舗装があれば雨の日でも安心! 表層(ひょうそう) ※アスファルト、コンクリートなど 路盤(ろばん) ※砂利(じゃり)など ※表層から路盤までを「舗装」といいます 路床(ろしょう) ※もとからある土 舗装は、何層にもすることによって丈夫で長持ちさせることができます。 02 アスファルトとは? よく見かける道路は、アスファルト舗装ではないでしょうか。このアスファルト舗装の主な材料は、「アスファルト」と呼ばれる黒色のねばり気のある物質です。アスファルトには、天然にとれるアスファルトと、原油(げんゆ)からつくられるアスファルトがあります。日本では天然のアスファルトがほぼとれないため、サウジアラビアなどの中東諸国(ちゅうとうしょこく)から原油(げんゆ)を船で運び、専門工場でアスファルトをつくります。原油からはアスファルトの他に、車の燃料(ねんりょう)やジェット機の燃料(ねんりょう)もつくることができます。このアスファルトに砂利(じゃり)や石の粉を混ぜたものが、「アスファルト混合物(こんごうぶつ)」と呼ばれ、これを平らにならし、ふみ固めたものが「アスファルト舗装」です。 ※「アスファルト混合物(こんごうぶつ)」は「アスファルト合材(ごうざい)」とも呼ばれています。 アスファルト混合物(こんごうぶつ) アスファルト 黒色のねばり気のある物質。熱を加えるとやわらかく液体のようになり、冷えると固くなる性質があります。 砂利(じゃり) 大きさは0.5cmから2cmくらい。 石の粉 石灰石(せっかいせき)などをこなごなにくだいたもの。 砂 山や川からとった砂。 世紀東急道場へ戻る BRAND 会社情報 会社概要 事業概要 事業所一覧 グループ会社 ISO・労務費見積り尊重宣言 コーポレートガバナンス コンプライアンス 技術情報 工法・商品 施工事例 研究所紹介 株主・投資家情報 IRニュース 経営計画 IRライブラリー 株主総会 株主還元 株主メモ 電子公告 財務諸表(英文) 採用情報 サステナビリティ 世紀東急工業グループのマテリアリティ 環境への取り組み 社会への取り組み ガバナンスへの取り組み 世紀東急工業グループとSDGs 統合報告書/コーポレートレポート お取引先様 世紀東急道場 あなたの知らない「道路の中」 道路工事の「技」を極める めざせ黒帯!道路工事検定 個人情報保護方針 ディスクロージャー・ポリシー 免責事項 ご利用環境について お問い合わせ Company Information(English) --> Copyright(C) Seikitokyukogyo,All right reserved. Page Top --> -->

エンゼルス投手死亡 バカラスクイーズ エンゼルス投手死亡
Copyright © The Paper All rights reserved.